挨拶状の豆知識 書式と書き方

挨拶状・案内状にはビジネスに使用するフォーマルなものや、私的な形式にこだわらないものなどがあります。
いずれの場合も伝えたい事柄を分かりやすい文章にまとめることが大切です。
挨拶状には独特の言い回しがあり、特にビジネス等公的な挨拶状では礼を失することのないよう、丁寧で格調高い文章を使う必要があります。
又、挨拶状の書式は前文から主文・末文・後付まで、基本的な構成にします。

挨拶状の基本的な構成

【前文】
公的、私的、又、慶事か弔事かによっても言葉を使い分けます。

  • 頭語:「拝啓」ごく普通。「謹啓」より丁寧。「前略」用件のみの簡単な場合に挨拶を省略。
  • 時候の挨拶:季節により異なります。「陽春の候」「新緑の候」「盛夏の候」「錦秋の候」「厳寒の候」等
    「時下ますます」とすることもあります。
    参照:時候の挨拶のページ
  • 安否の挨拶:「ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」等
  • 感謝の挨拶:「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」等

【主文】
挨拶状の中心的な部分です。文書の目的により異なりますが、伝えたい事を組み立てよく明瞭にまとめます。

  • 書き出し:「さてこのたび」「さて 私こと」「さて 弊社儀」等
  • 用件:「このたび お陰をもちまして○○いたしました」「さてこのたび弊社は○○いたす運びとなりましたので左記の通りご案内申し上げます」等

【末文】
必要に応じて書き足したり、省略したりすることがあります。

  • 今後の配慮へのお願い:「今後とも倍旧のご指導御鞭撻のほどお願い申し上げます」等
  • 健康を祈る:「末筆ながら皆様のご健康をお祈り申し上げます」等
  • 集結の挨拶:「まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます」等
  • 結語:頭語が「拝啓」の場合は「敬具」が多く用いられます。頭語が「謹啓」の場合は「謹白」「敬白」「敬具」等。頭語が「前略」の場合は「草々」

【後付け】
日付け、発信者名(差出人)、宛名(○○○○殿、各位等)を総称したもの。
※A4版の用紙を使用した横書きビジネス文書等の場合は、発信番号とともに前付け(前文の前)に記載することもあります。

【副文】
「なお~」「追伸~」「追って~」等

目的別挨拶状の書式

下記ページでは目的別に挨拶状の書き方を説明しています。
文例のページと併せてご活用いただけましたら幸いです。
※今後追加の予定です。

文例



挨拶状印刷・状状ネット トップページへ