時候の挨拶用語(季語)

月別 時候の挨拶(季語)

 時候の挨拶(季語)
一月 初春 新春 新陽 厳冬 中冬 厳寒のみぎり 
二月 晩冬 立春 余寒 春寒 梅月 向春 
三月 早春 浅春 春光 若草 桜月 春情 春色 
四月 春暖 陽春 春風 春光 花信 菜の花 桜花らんまん 
五月 新緑 若葉 青葉 緑風 薫風 初夏 葉桜 向暑 
六月 初夏 向夏 梅雨 長雨 入梅 梅天 小夏 向暑 
七月 盛夏 小暑 大暑 真夏 仲夏 孟暑 酷暑 
八月 残暑 晩夏 立秋 葉月 暮夏 秋暑 残夏 
九月 初秋 早秋 新秋 涼風 涼秋 爽秋 夜長月 
十月 仲秋 秋涼 秋晴 錦秋 清秋 菊香薫る 
十一月 晩秋 暮秋 霜寒 向寒 立冬 初霜 深冷 
十二月 初冬 寒冷 師走 寒季 歳末 季冬 冬至 

季節に関係なく使える語「時下」

拝啓(謹啓) 時下ますます(いよいよ)ご清祥(ご清栄・ご隆昌)のこととお慶び申し上げます

※注:「時下の候」「時下 ◯◯の候」という使い方はしません。

上記以外でもたくさんの時候の挨拶があります。